Total: 8987 (Today: 1 / Yesterday:0)

Pollard -自己紹介-

  • 好きな戦術・戦略
    • 最近,序盤戦術なんてどうでもいいと思えてきた.
    • 戦略としては,人狼のときはデコイになるようにしてる.村人のときは….
  • 自分の反省点
    • 難しいことを簡単に言えない.簡単なことも簡単に言えない.
    • マナー面に関して露骨に反応してしまう.そして熱くなってしまう.
    • 言動が利己的.自分が考えやすいようにしか動かない.
    • 初心者っぽい人や寡黙の救済措置を行う余裕がない.
    • 序盤戦略そのものを黒要素にする人に対しては見下し気味になる.

戦績

奇策リスト(ご利用は自己責任で)

  • 人狼まとめ役立候補(F国)
  • 占師人狼2騙り
  • 共有者襲撃⇒狂人の共有者騙り
  • 能力者仮決定作戦
  • 占師⇒霊能者スライドCO
  • 投票CO破壊-狂人強襲作戦(C国)

まとめ役の決め方に関する私見

共有者両潜伏

概略

文字通り、2人の共有者が潜伏する戦略。この場合のまとめ役は主に以下の3通り。
まとめ役云々に関らず共通のメリットとしては、Wでの偽黒判定抑止効果とW地雷があるが、これらは相反するものである。また、抑止力は核兵器と同じく数があっても無駄。地雷もまとめ役の意図で仕掛けることができないため、発動は共有者の腕に強く依存する。

  • 立候補制
  • 確定霊能者
  • なし(合議制 or 完全自由性)

立候補制

村人、もしくは共有者が村人を騙ってまとめ役を務めるもの。
通常非能力者宣言と共に初日の占いになる場合が多いが、それがため人間である可能性も高く、最近では「占いの無駄遣い」との声も多い。
F860村にて人狼立候補作戦を決行。真占師の信用失墜に効果大。

  • メリット
    • 地雷の発動率が単純計算で倍になる
      • 実際はまとめ役村人には誰が共有者かわからないため、地雷の発動率は、強く共有者の腕に依存する。
    • 狩人がまとめ役を護衛する必要がないため、序盤における占い師の生存率が上がる。
      • まとめ役が村人騙りの共有者である場合も考えると、実際問題護衛対象から積極的に外すのは難しい。
    • (村人騙りの共有者の場合)偽占い師にW地雷のプレッシャーをかけつつ、意図的に地雷を使うことができる。
      • ただし、この場合はまとめ役が襲撃されないことが絶対条件。
  • デメリット
    • 立候補者は人間である可能性が高いため、占いが無駄になるケースが多い。
      • しかし、占わないとそれはそれで信用できないのも事実。
    • C国では狂人が人狼と繋がっているため、完全にミスリードされてしまう。
      • 故に、C国では立候補制両潜伏は提案しないのが無難。
    • 地雷を有効に使うために、村人騙りの共有者がまとめ役を行う場合も、大して共有者1COと変わらない。
      • 襲撃される可能性が高い分、1COに比べて共有者騙りが成功する可能性が高い。

確定霊能者

占師に比べて能力者としてのウェイトが軽いため、人狼側が(占師早期襲撃の布石の意味でも)騙りを出さずに確定することが多いことを利用したもの。

  • メリット
    • 地雷の発動率が単純計算で倍になる
      • 実際は霊能者には誰が共有者かわからないため、地雷の発動率は、強く共有者の腕に依存する。
    • 霊能者が早期に確定して狩人が鉄板になるため、少なくとも狩人がいる間は霊能者の生存が保証される。
      • その分、占師の生存は危うくなる。
    • 霊能者ローラーの手間が省ける。
  • デメリット
    • 占い機能破壊が起こりやすい。
      • 狩人はほぼ霊能者鉄板なため。
    • 占師に人狼の騙りが出難い。
      • C国以外では狂人が占師を騙るのがセオリー。霊能者確定&2COの時点で人狼は全潜伏を選択することが多い。

共有者1CO

概略

共有者のうち、1人がまとめ役としてCOして、相棒は地雷のために潜伏する戦略。

  • メリット
    • 地雷がまとめ役の意思で使える。
    • 偽黒判定抑止効果。
      • 前項とは相反する効果である。
    • セオリーとして定着しているため、これの説明に発言を消費することがない。
    • ある程度、偽共有者を抑止することができる。
  • デメリット
    • 地雷を使うタイミングを考えなければ、占いが無駄になる。
    • 偽黒判定抑止効果により、占師と霊能者のラインが見えるのは中盤以降になることが多い。

共有者2CO

概略

2人の共有者がCOし,2人でまとめ役を行う.この場合,片方が議事進行役,もう片方が質問役を行うなど,役割分担をした方が効率がよい.

  • メリット
    • (霊能者非確定なら)早期のパンダ発生が期待でき,日が浅いうちから占師と霊能者のラインを見ることが出来る可能性が高くなる.
    • 共有者1人当たりへの負担が少ない.
    • 共有者騙りがほぼ確実に防げる.
  • デメリット
    • (霊能者非確定時)偽黒判定抑止効果が皆無.

まとめ役の心得(教訓)

  • 基本的に時間厳守.遅れる場合はその旨を連絡する.
  • 決定はどんな場合においても理由をつける.仮決定をブラフに使う場合もしかり.
  • ブラフは多用しない.出来ればブラフ以外のトラップを.
  • 主観的になりすぎない.全体を見渡すように.
  • 自分の考え(プラン)だけで決定は出さない.希望を出す意味を考える.
  • 安全策に偏り過ぎない.希望を出す意味が薄くなる.
  • 情報の引き出し役を確定白から選出するなりして,寡黙はなるべく減らす.
  • ちょっと反発されたからといって腐らない.報復なんて以ての外.

意見求む⇒Pollard/能力者仮決定作戦について

コメント

コメントはありません。 コメント/Pollard?

Total: 8987 (Today: 1 / Yesterday: 0)