Total: 3795 (Today: 1 / Yesterday: 1)

目標

霊能者、占い師終了。次は狩人だ。
まだ慣らし運転期間。

プロフィール

プレイスタイル:
データ・確率至高主義。会話軽視、行動重視。序盤完全燃焼型。
宇宙人的発言により序盤に占われて結果を待たずに喰われる。
いや、むしろ吊っておけと言う意見も多い。
発言しなくてすむもんなら発言しない。データ取るので忙しい。
心にも無いことを口にして相手の反応を見るのが好き。
でも、その後のことはあまり考えていない。何か文句ある?
たまにテキストファイターにコンバートすることもある。
長生きして正解を出せて一人満足しても、
説得する時間が無いことに気がついたりもする。

人狼データ室(工事中)

戦績

感想

588村

最後の村 (588村) 【勝利】 農夫 ヤコブ (村人) 4日目襲撃。
人狼BBS初参加にして、見事喰われました。でも初勝利。村人としてはまずまずの出来。

ロジックは完璧に機能した。統計的に人狼を序盤で追い詰めた。でも、説明をおろそかにして誰にも信じてもらえず占い1手損を村から引き出し、喰われた。死後悔やまれたが、生前言っていたことはほとんど忘れ去られたままだった。人狼ポイントという新たな概念を提唱。それが不幸の始まり。

[機能したロジック]

『人狼は序盤は中の下のポジションを取る』
占われず吊られずのポジションを確保するには発言量中の下10位くらいがいい。今回二匹釣れていたのに俺自身がそんなうまく行くはずないと思い込んでいた。でもジャストミートしていた。なお、COする自己犠牲狼はこの中には含まれていない。

『人狼は楽な流れに乗る』
人狼は追従して流れを作ってそれに乗ってしまうと楽。言いだしっぺだと逆襲を食らいかねないから。でも今回は俺が人狼リーザに逆襲されて占われて喰われた。流れを作りやすそうな相手を見つけて「寡吊りなのね」とか提案するのも可。

『人狼は前半ほど仲間を吊り対象にしない』=『人狼は人間のみを占い吊りたがる』
3日目までは完璧。今回4日目まで使えたので、楽勝のはずだったが...
2日目人狼レジーナが追従して村人ニコラスを吊ろうとしたときこの情報を信じていいか悩んだが、悩んだだけ無駄だった。

『人狼吊りの最初の賛成者は村人』
これ正解。

『人狼は突如仲間斬りを見せる』
人狼は中盤以降、互いの関連性を隠蔽するため上記行為に及ぶ。5日目それが起こった。

『村人は吊り悩む』
村人は情報量が時間と共に変化するため、同じ対象者に対しても吊りを推奨したり抑制したり、悩む。人狼は情報量の変化が微小なため吊りに対する意見が終始一貫している。その証拠に俺が一番悩んでいた。

『いつも明日喰われると思っとけ』
これから毎日遺言書こう。

[教訓ロジック]

『自分を信じろ』
過去の村の統計的データが私の武器なのに初参加で自信が持てなかったばかりに人狼ポイント最下位のアルビンの吊りに賛成してしまった。逆にトップを走るリーザとディーターを疑いきれなかった。

『能力者は仕事を迅速かつシンプルに』
COは決めたタイミングで迅速に。そうでないなら、説得力がある状況で。人狼レジーナ説得力なし。でも信じちゃった。

『人狼は見え透いたことをする』
人狼がまさかそんな見え透いたことをするわけがないと思ったらしてた。

『発言数が少ないものは早めに吊るというのは間違い』
2日目は吊り対象が見つからないから寡黙吊りに流れるが、寡黙1位2位ともに村人だった。

『狂人は真っ先に占い師騙っとけ』
今回共有者宣言してた狂人を捕らえて飼い殺し戦略を取ったが、真占い師より先に占い師宣言をしていたらやばかった。

[名台詞]

あわわ、ヤコブ氏はアンドロイドかなんかだと思ってたですが人間だったですか・・・かたきはとるです。

【白ログ】(羊飼い カタリナ 4日目午後 4時 1分)

D152村

悲しみの村 (D152村) 【敗北】 農夫 ヤコブ (村人), 4日目に処刑。
実践2回目にして初敗北。狂人まとめ役に見事吊り指定を受けた。始まったばかりのD国のデータを取ってみたら、寡黙であっさり吊られる人狼などが多くて過去の統計データが使用不能であることに気がついて、急遽テキストファイター型にコンバート。コンバート失敗…。どう見ても怪しい人狼二人(カタリナ、ジムゾン)を突付けたと思ったら生存者はなかなか吊ってくれない。冗談で疑惑を挙げたリーザ(共有者)、モーリッツ(勇気ある村人)をみんな結構本気で疑うし、大混乱。黒幕人狼ペーターは検出できず。完全敗北。

[改良が必要なロジック]

『人狼は前半ほど仲間を吊り対象にしない』=『人狼は人間のみを占い吊りたがる』
完全村人化人狼ペーターにしてやられた。いきなりの仲間切り。共有者1COまとめ役と違って、まとめ役立候補制では多数決で占いと吊りを決めざるを得ないからこれも可か。人狼役のときやったろうと思っていたのに残念。でも分かりやすい人狼二人(カタリナ、ジムゾン)は仲良しでした。それに村長も連動していたのが問題で、紛らわしいので早く吊っておくべきだったと思った。

D259村

極寒の村 (D259村) 【敗北】 農夫 ヤコブ (霊能者), 7日目に襲撃された
実戦3回目で連敗。能力者だったので、占われず、吊られず、喰われずを実践。少し危なかったけど、まずまず。

勝てましたよ、絶対。リアルの時間の無さに負けましたよ。やっぱり早く死んでいたほうが気が楽。
「仲良し3人組理論」はなかなか賛同が得られないのを再確認。仲間斬りの頻度をみんな多く見積もりすぎているようだ。いちいち数え上げて説得するのは大変そうだ(数えるのが)。
「仲間斬り」の弱点は、実際に占われたり吊られたりする以外に、仲間斬りを出来るのは人狼だけであることと、一回の仲間斬りを見破られたら2匹人狼が判明する点である。そのあたりに突破口がありそうだ。

[機能しまくったロジック]

『能力者は仕事を迅速かつシンプルに』
霊能者としてちゃんと4日目にCO。第一声でちゃんと結果を言ったのでみんなあっさり信じてくれました。対抗が出なかったのは大きいけれど、1COでも全く信用されない人もいたからかなり楽。だったら勝て。

『村人は吊り悩む』
カタリナ、レジーナ、ディーター、この3人の白さはただ事ではなかった。しかも相互に疑い合うし。特に初日からのディーターの節操の無い占い先変更は笑った。人まかせとか言われたが、それを元に疑われているのが不憫だった。だったら助けてやれ。

D359村

山影の村 (D359村) 【勝利】 老人 モーリッツ (占い師), 6日目に村人全員一致で処刑
 予定通り、占い師をゲット。前回完全に人狼を見切っていたのに誰も疑わずに負けた欲求不満をぶつけたら、疑われて死んだ(当然)。まさか占い師ではあるまいという言動を積極的に取ってきたら狂人だけでなく村全体を騙しきった、素敵すぎ!でも笑っちゃうくらい人狼は型にはまっていた。楽勝ペースだったんで占い師無用論を唱えたいくらいだ。リアル自分吊りを考えていたのでここまでみんなに信じてもらえないならと返って頑張る気になった。勝率5割復帰万歳。
 「仲良し3人組理論」だけで共有者がまとめ役だったら5割以上は何もしなくても勝てることは、全く賛同が得られないのを再確認。誰も基本に忠実ではないようだ。他の村の例を挙げてみても自分の経験だけでみんな考えるから説得はできないようだ。今までの村でやってきたように他の理由をうまくでっち上げて吊るしかないようだ。おとなしめの発言をして微妙な信頼を得つつ、じゃまな白い村人が数を減らして私の意見が通るまでじっと耐えて最後にしとめにかかるのがやはり一番。このやり方はまさに狩人の戦術だ。という訳で次は狩人だな。負けない程度に村人を犠牲にして平均寿命を延ばすぞ!腹黒だー。
 「結局推理や信頼は、数理理論じゃないんだよ」とトーマスが赤ログで言っていたが、実は推理と信頼は数理理論からしか来ていない。つまり、共有者は2名だから2人で証明し合えるから信頼され、狂人は一人だけしかいないから一人見つけたら残りは真か狼と言えて、人狼は3人だから2人人狼が吊られた時点で残りも確定できる。それ以外で黒要素といっていたら必ず失敗する。
 分析のために過去ログを見直してみたら(というか初めてみた部分も多い)だんだん腹が立ってきたぞ。ムカーッ、キーー!何じゃこりゃー!多弁だったのと中の人の機嫌が悪くてとっとと人狼を吊って終わりにしたいと思っていることから来る発言以外に、トーマスと違って人狼が有利になるような提案を全然私はやっていないじゃないか。霊能者も出てきているのに占い師初日COなどという狂った提案をする典型的なステルス人狼トーマスが占い師COをしてるのに村中で信じるんだから。
 一番落ち込んだのは独り言で正しいことを考えていても表で発言しない村人がいることに気づいたことだ。頓珍漢な推理でもいい。自分たちが確定白になった時点で自由に議論が出来るはずなのに。疑われている状態でどんなに自分の白さをアピールしても聞く耳もたないという態度を全員とっているところに、さあ弁明してみろというのは酷すぎる。間違った推理なら後で謝ればすむことではないか。「トーマスとモーリッツは白黒半々」と心にも無い嘘を言わずに、「モーリッツを黒と決め打ちする!その理由は…」と言って欲しかった。雰囲気で黒っぽいではなくて客観的事実を並べてこれは確かに人狼像に当てはまると他の村人を納得させて初めて成立するゲームでは無いのか。その上で吊られたかった。許さんぞー、ガォー、みんな喰ってやるー!

[教訓]

『未確定能力者は積極的に発言するな』
寡黙つりにさえあわなければ黙っていたほうがいい。占いに全く挙がらないと狩人と思われる危険があるが、黙っていても一人くらいは怪しんでくれるものだ。信じてもらおうと発言するのは黒要素と誤解されるだけ。

『中の人の事情は一切話すな』
RPもそうだが不愉快な気分になる人がいたら信頼してもらえない。今回の場合はトーマスを道連れにあのまま戦術的死でも十分に占い師としての役目が出来た。

『常に弱気で馬鹿なふりをしろ』
思い悩んでないのに思い悩む村人のふりをするのは大変だが、喰われず疑われずにはこれしかない。やる気無さそうにしているべし。

『説得が難しい村人は吊れ』
これしかない。この人は自分と意見が違うが人狼側ではないと思っていても相手が疑惑を向けてきた場合は、村人でも吊っていくべきだ。疑いを向けるときも他の人がそれに乗って本当に吊りになってしまわないようにあまり疑われていない人を突付いてみたりしたが、そんな気を使うだけ無駄だ。今回、全員が私の敵だったが。

[名台詞]

人狼側を傷つけたかもしれない。謝るしかないです。本当に申し訳ありません!

【白ログ】(宿屋の女主人 レジーナ 5日目午後 5時 13分)

  その心配は無いと思う。

C381村

新緑の村 (C381村) 【勝利】 宿屋の女主人 レジーナ (村人), 4日目に人狼の人も含めた吊り希望で処刑された。
初C国なので仕方なしに村人。私の言っていることが正しいか調べたいから吊りだと共有者が言っていた。最悪。
人狼側が、初人狼、初狂人なので、狂人がステルスし続けて最後まで生き残るというご愛嬌。狩人を最初の吊りで吊ったが楽勝だった。
さて、そろそろ書くのが面倒になってきたぞ。

[機能したロジック]

『人狼は前半ほど仲間を占い吊り対象にしないが、中盤以降、突如仲間斬りを見せる』
つまり「仲良し3人組理論」。C国なので4人組を調べてみたが、やはり狂人に対しては仲間斬りが初日から発生。
村人カタリナが人狼にシンクロしていた。

[教訓ロジック]

『人狼と能力者は保身に熱心だ』
人狼と能力者を吊り希望に挙げたら、火が出るような反撃があったりする。それは分かる。だが、ただの村人まで吊り希望返しをしてきた。村人は自分を犠牲にして能力者を守る義務があり、安易な吊り回避で吊ってはいけない人を吊ったり、占う必要の無い人を占って人狼のターゲットにしたりするべきでないから、もう少し我慢するべきだ。自分が生き残ることだけしか考えずにチームプレイを心がけてほしい。ただの村人が最終日まで生きたということは、能力者を盾にして人狼の隠れ蓑になってきたという事だから、ちょっと反省してもいいんじゃない。ていうか、人狼と同じ反応が返ってくると紛らわしいんじゃい。最終日まで生き残ったことが無いから嫉妬しているんじゃないぞ。

コメント

コメントはありません。 コメント/LiX?