Total: 13298 (Today: 3 / Yesterday: 0)

紹介文

現在のプレイ目標
発言考察をやりやすくする手段を模索中。
主な参加時間
お昼〜夕方更新がメイン。場合により早朝、
たまに21〜23時ぐらいまでの夜間、の事も。
主な参加国
F国メイン。狂人が独りで動く基本仕様のほうが、
展開の意外性に幅がある気がするので、好み。
とか言ってたらC国が無くなった。
プレイスタイル
状況考察重視型。
発言考察は、苦手というよりめんどくさい。
重箱の隅つつきしてるとかえって疑心暗鬼になる。
最近、RPが薄めなのが悩み所。

人狼関係でmixiやってます。

目次

プレイ時に気をつけてる事(戦術&RP)

思考の基本

誰一人信用しない。自分自身でさえも
嘘をついてない=正しいことを言っている、では無い。
白確よりも、狼のほうが戦術的に正しい提案をする事も多い。
他人の意見を客観的に見るのは簡単だが、
自分自身への客観視は、意識的にやってもわりと難しい。
故に、常に意識しなければいけない。

戦術編

思考上の決め打ちはしない
システム的に確定な事でもなければ、常に白黒両面から考える。
どんなに不審な行動であっても、村人なら素なだけだから。
村に不利なことを言う/やってるからとて狼、ではない。
狼は熟達すればするほど、一見村に有利な事しか言わなくなる。
なぜなら襲撃と、騙り担当の信用度でいくらでも勝負は動かせるから。
ライン考察は参考程度
上手な狼ほど、ラインは自在に切り繋ぎする。
ラインが見えるのは下手な狼。
故にライン考察をかける相手の力量をある程度見極めた上で、
それでも「参考程度」に留めないと自縄自縛。
真能力者ほど信用ならないものは無い
村にとって信じられないほど不利な行動をとるのは、
狼・狂人の場合もあるが暴走した真、のケースも少なくない。
狼狂にはまだ裏の意図があるぶん冷静だが、
真能力者はしばしば、村で最も冷静でない。
狼の行動・メリットとデメリット
狼の真骨頂は、それが敗北に直結する致命的なものでなくば、
敢えて重いデメリットをも看過した時、にある。
逆境というのは、状況証拠的白要素になりえるからである。
「狼なら、敢えて自分の首を絞めるようなことはしない」
は状況考察の基礎ではあるが、
「一見、どう見てもデメリットだらけ」
という状況を作り出すことは、狼にとって起死回生の、
村人の目を欺く究極のトラップとなる。
状況考察をする時はそのことを常に念頭に置かないと、
ベテラン狼に痛い目を見せられる羽目になる。
見極めの焦点は「敗北直結の手かどうか」。
デメリットが如何に多くとも、それが即敗北に繋がらなければ、
熟練の狼であれば、仕掛けてくる可能性は有り得る。
能力者考察は、状況証拠こそ至高
発言からの考察は、究極的に言えば考察対象のスキル、
および考察する本人のスキルで黒にも白にもとれる事がある。
しかし要素を取りこぼさず、解釈を間違えなければ
状況の語る真実は鉄。
熟練の狼であれば発言印象は自在に操るが、
しかしどんなに熟練した狼でも、状況を100%は操れない。
「狼なら絶対に出来ない一線」を見極められる要素が揃えば、
発言印象がどうであろうが真贋を確定させられる事がある。
能力者真贋の見極めの際、状況考察は極めて重要かつ有効。

RP編

相手のネタを否定してはいけない。投げられたネタは出来るだけ応える
自分のキャラのRPとよほどに合わないとか、
あるいはよほどに不快なネタでないかぎりは、
他人のRPに合わせる方が盛りあがる。
あと一人語りは、どんなに完成度が高くても白ログでやると
孤立するだけなので、黒ログでやる程度に留めた方が良い。
RPは、他人と絡んでこそ。
「喋り方を一貫させるのが大事」
口調と人称をきちんと決めて、それ以外使わない。
一人称と他キャラの呼び方、語尾を統一するだけでも
それなりにキャラクター性が確立する。

その他の色々

推理に前提をつけてはいけない
まず前提ありきの考察は、多くの場合望んだ結論しか出ない。
「Aさんは狼だと思う」
から出発すると、Aさんの発言・行動の「狼に見えると思う部分」
だけが自分の中で過大に評価され、狼だとすると理屈に合わない
部分があったとしても、それは過少に評価されてしまう事が多い。
そういった考察からは結局
「やっぱりAさんは狼だ」
という結論しか出てこない。殆どの場合は。
考察は必ず「Aさんが狼なら〜、村人なら〜、狂人なら〜」
のように、考えられる可能性一通り、全ての局面から公平にするべき。
「私の考える〜は〜」にはほぼ何の意味も無い
パターンと言うのは、それが当てはまる相手にしか意味がない。
「私の考える××像は〜」という理屈は、
たまたまその村の配役がそのパターンに当てはまるなら良いが、
そうでないなら全くの無意味。
人間はコンピュータゲームの敵キャラではないのだから、
思うとおりに動くわけではない。
それにそも騙しあいのゲームである以上「裏をかく」ことが
狼の真骨頂であるのだから。
白確になったからとて、能力が上がるわけではない
白確するというのは、通常占対象になったということであるが、
その際の理由が「頼りになりそう狼なら怖い」とか、
「発言にソツが無くて、発言からの判断が難しい」、
でない限りは(要は”怪しいから”だった場合は)、
「村の皆から見て、共感しづらい考え方をしてる」
ということと概ねイコールである。
白確になったからとて、考察力があがるわけではない。
立場を乱用しての、自分の意見のごり押しは避けるべし。
まとめ役が心に留めておくべきこと
まず、まとめ役は支配者でなく、
基本的にただの議事進行役だという事を自覚するべきだ。
だからこそ、個々人の能力不問で「まず白確であればOK」
で無条件承認されるのだから。
その上で、多数意見を採るだけならまとめ役などいらない故に、
まとめ役は、時として独断で少数意見も拾うべきである。
だが、忘れてはならないのは
「みなの納得しない決定を下してはならない」
ということ。
それを忘れた時、まとめ役は独裁者となる。
まとめ役が最も忘れてはならないもの、
それは「説明責任」である。

戦績

更に細かい戦績
*人狼審問だとIDに「.」が使えないので「LR」というIDになります。

戦績EX

村名&リンクコメント開催国
王国村D334再戦村人狼審問
300年後の守り神村C715再戦村人狼審問
もずパンマン、三度、哭く。C715再々戦村人狼審問
王国村第三話・書の秘密D334再々戦村人狼審問
もずパンマン、時を駆ける。C715再々々戦村人狼審問
呪々島ツアー企画村ゲスト参加人狼審問
見捨てられた狼の復活祭企画村ゲスト参加人狼審問
変態ハァハァ村企画村ゲスト参加。直前の参加村との関係でID:lyricsで参加人狼審問
帰ってきた7村・7村リターンズ企画村欧州
超兄貴?村F468再々戦欧州
もずパン村リターンズC715再戦シリーズ欧州
怪人物語主催企画村(*ネタ村用の身内鯖)怪人物語
もずパン村ラブリーC715再戦シリーズ執事国
怪人物語第二回・多重参加推奨村主催企画村(*ネタ村用の身内鯖)怪人物語
C1308C1336再々々戦企画ゲスト参加議事国
質問の許されない村ゲスト参加議事国
C1308&C1336再々々々戦ゲスト参加瓜科国
5発言企画・妖怪物語主催企画村(*ネタ村用の身内鯖)怪人物語

参加した村の感想

最新三つまで。その他は過去村の感想

F1672村 つまり…ヤコブ焼きの村
三十九回目。
本国にはほぼ一年ぶりの参加。
近頃、荒れてる村が多いようなので敬遠してたが、
良さそうな村が、予定と噛み合ったので滑り込み参加。
キャラクターは唯一未使用だったフリーデル。
ただし飛び込みすぎてRPを考えるヒマ無し。
おまかせ→狼だったので、特に目標を設定せずに普通にプレイした。
【キャラ】:普通のフリーデル(キャラ付失敗ともいう)
【課題】:特になし
【達成度】:特になし
C1412村【Mな狼's】真っ白狼に迷走する村【決め打ち危険】
三十八回目。
まとめ役時初敗北。
敗因は明確な采配ミスと、浮かれすぎたこと。
基本と冷静さは大事。
【キャラ】:魔法少女(?)レジーナ
【課題】:特になし
【達成度】:特になし
F1193村【祭りだ】トーマス劇場@2007星狩祭〜墓下は桃色〜【祭りだ】
三十七回目。
自分自身も含めて、色々ハプニングだった。
最終的には勝ったし、その為に技量をつぎ込みはしたが、
多分に行動全般受動的だった気がする。
狼サイドとしては、もっと能動的に場を動かしたい所。
【キャラ】負傷兵騙り?シモン
【挑戦課題】狼を(略)
【達成度】勝つには勝った。

コメントがあればどうぞ

コメントはありません。 コメント/L.R?