今日ひとりで、いつも行く喫茶店でコーヒーを飲んでいたら、 
一つ前の席にOL風の女性が座っていて、それが超美人! 
僕はボーと見惚れていると、彼女がハンドバックを持ったままトイレへ行きました。 
5分位して帰って来たので、もしやウンチでもしたのか? 今行けば彼女の 
便臭が嗅げるかもと思い、僕もトイレに入りました。 
ちなみにトイレは男女兼用です。 
中に入ると香水の香だけでした。 
失敗かと思い、念のため汚物入れを開けると、あ り ま し た 温もりの残るナプ。 
感激して広げると、信じられない位の量の生レバーがドッサリと乗っていました。 
その場で僕はまだ暖かい生レバーを全部口に入れてしまいました。 
こんなに大量のレバーを一度に口に入れた事はありません。 
彼女は会社から帰る途中ナプキンを取り替えられなかったので溜まっていた分が出たのか、 
半端な量ではありません。 
口が膨らんでしまう位の固まりです。 
僕はナプキンをポケットに入れ出ました。 
席に戻ると彼女はまだ居ました。 
僕の方を見ています。 
少し頬っぺたが膨らんでいましたが、 
まさか僕の口の中に自分の生理が入ってるなんて思うはずがありません! 
僕はゆっくりと彼女の顔を見ながらホカホカの生レバーを味わい食べました。 
ズルッと喉を通りました。
今日ひとりで、いつも行く喫茶店でコーヒーを飲んでいたら、 
一つ前の席にOL風の女性が座っていて、それが超美人! 
僕はボーと見惚れていると、彼女がハンドバックを持ったままトイレへ行きました。 
5分位して帰って来たので、もしやウンチでもしたのか? 今行けば彼女の 
便臭が嗅げるかもと思い、僕もトイレに入りました。 
ちなみにトイレは男女兼用です。 
中に入ると香水の香だけでした。 
失敗かと思い、念のため汚物入れを開けると、あ り ま し た 温もりの残るナプ。 
感激して広げると、信じられない位の量の生レバーがドッサリと乗っていました。 
その場で僕はまだ暖かい生レバーを全部口に入れてしまいました。 
こんなに大量のレバーを一度に口に入れた事はありません。 
彼女は会社から帰る途中ナプキンを取り替えられなかったので溜まっていた分が出たのか、 
半端な量ではありません。 
口が膨らんでしまう位の固まりです。 
僕はナプキンをポケットに入れ出ました。 
席に戻ると彼女はまだ居ました。 
僕の方を見ています。 
少し頬っぺたが膨らんでいましたが、 
まさか僕の口の中に自分の生理が入ってるなんて思うはずがありません! 
僕はゆっくりと彼女の顔を見ながらホカホカの生レバーを味わい食べました。 
ズルッと喉を通りました。
今日ひとりで、いつも行く喫茶店でコーヒーを飲んでいたら、 
一つ前の席にOL風の女性が座っていて、それが超美人! 
僕はボーと見惚れていると、彼女がハンドバックを持ったままトイレへ行きました。 
5分位して帰って来たので、もしやウンチでもしたのか? 今行けば彼女の 
便臭が嗅げるかもと思い、僕もトイレに入りました。 
ちなみにトイレは男女兼用です。 
中に入ると香水の香だけでした。 
失敗かと思い、念のため汚物入れを開けると、あ り ま し た 温もりの残るナプ。 
感激して広げると、信じられない位の量の生レバーがドッサリと乗っていました。 
その場で僕はまだ暖かい生レバーを全部口に入れてしまいました。 
こんなに大量のレバーを一度に口に入れた事はありません。 
彼女は会社から帰る途中ナプキンを取り替えられなかったので溜まっていた分が出たのか、 
半端な量ではありません。 
口が膨らんでしまう位の固まりです。 
僕はナプキンをポケットに入れ出ました。 
席に戻ると彼女はまだ居ました。 
僕の方を見ています。 
少し頬っぺたが膨らんでいましたが、 
まさか僕の口の中に自分の生理が入ってるなんて思うはずがありません! 
僕はゆっくりと彼女の顔を見ながらホカホカの生レバーを味わい食べました。 
ズルッと喉を通りました。
今日ひとりで、いつも行く喫茶店でコーヒーを飲んでいたら、 
一つ前の席にOL風の女性が座っていて、それが超美人! 
僕はボーと見惚れていると、彼女がハンドバックを持ったままトイレへ行きました。 
5分位して帰って来たので、もしやウンチでもしたのか? 今行けば彼女の 
便臭が嗅げるかもと思い、僕もトイレに入りました。 
ちなみにトイレは男女兼用です。 
中に入ると香水の香だけでした。 
失敗かと思い、念のため汚物入れを開けると、あ り ま し た 温もりの残るナプ。 
感激して広げると、信じられない位の量の生レバーがドッサリと乗っていました。 
その場で僕はまだ暖かい生レバーを全部口に入れてしまいました。 
こんなに大量のレバーを一度に口に入れた事はありません。 
彼女は会社から帰る途中ナプキンを取り替えられなかったので溜まっていた分が出たのか、 
半端な量ではありません。 
口が膨らんでしまう位の固まりです。 
僕はナプキンをポケットに入れ出ました。 
席に戻ると彼女はまだ居ました。 
僕の方を見ています。 
少し頬っぺたが膨らんでいましたが、 
まさか僕の口の中に自分の生理が入ってるなんて思うはずがありません! 
僕はゆっくりと彼女の顔を見ながらホカホカの生レバーを味わい食べました。 
ズルッと喉を通りました。
今日ひとりで、いつも行く喫茶店でコーヒーを飲んでいたら、 
一つ前の席にOL風の女性が座っていて、それが超美人! 
僕はボーと見惚れていると、彼女がハンドバックを持ったままトイレへ行きました。 
5分位して帰って来たので、もしやウンチでもしたのか? 今行けば彼女の 
便臭が嗅げるかもと思い、僕もトイレに入りました。 
ちなみにトイレは男女兼用です。 
中に入ると香水の香だけでした。 
失敗かと思い、念のため汚物入れを開けると、あ り ま し た 温もりの残るナプ。 
感激して広げると、信じられない位の量の生レバーがドッサリと乗っていました。 
その場で僕はまだ暖かい生レバーを全部口に入れてしまいました。 
こんなに大量のレバーを一度に口に入れた事はありません。 
彼女は会社から帰る途中ナプキンを取り替えられなかったので溜まっていた分が出たのか、 
半端な量ではありません。 
口が膨らんでしまう位の固まりです。 
僕はナプキンをポケットに入れ出ました。 
席に戻ると彼女はまだ居ました。 
僕の方を見ています。 
少し頬っぺたが膨らんでいましたが、 
まさか僕の口の中に自分の生理が入ってるなんて思うはずがありません! 
僕はゆっくりと彼女の顔を見ながらホカホカの生レバーを味わい食べました。 
ズルッと喉を通りました。
今日ひとりで、いつも行く喫茶店でコーヒーを飲んでいたら、 
一つ前の席にOL風の女性が座っていて、それが超美人! 
僕はボーと見惚れていると、彼女がハンドバックを持ったままトイレへ行きました。 
5分位して帰って来たので、もしやウンチでもしたのか? 今行けば彼女の 
便臭が嗅げるかもと思い、僕もトイレに入りました。 
ちなみにトイレは男女兼用です。 
中に入ると香水の香だけでした。 
失敗かと思い、念のため汚物入れを開けると、あ り ま し た 温もりの残るナプ。 
感激して広げると、信じられない位の量の生レバーがドッサリと乗っていました。 
その場で僕はまだ暖かい生レバーを全部口に入れてしまいました。 
こんなに大量のレバーを一度に口に入れた事はありません。 
彼女は会社から帰る途中ナプキンを取り替えられなかったので溜まっていた分が出たのか、 
半端な量ではありません。 
口が膨らんでしまう位の固まりです。 
僕はナプキンをポケットに入れ出ました。 
席に戻ると彼女はまだ居ました。 
僕の方を見ています。 
少し頬っぺたが膨らんでいましたが、 
まさか僕の口の中に自分の生理が入ってるなんて思うはずがありません! 
僕はゆっくりと彼女の顔を見ながらホカホカの生レバーを味わい食べました。 
ズルッと喉を通りました。
今日ひとりで、いつも行く喫茶店でコーヒーを飲んでいたら、 
一つ前の席にOL風の女性が座っていて、それが超美人! 
僕はボーと見惚れていると、彼女がハンドバックを持ったままトイレへ行きました。 
5分位して帰って来たので、もしやウンチでもしたのか? 今行けば彼女の 
便臭が嗅げるかもと思い、僕もトイレに入りました。 
ちなみにトイレは男女兼用です。 
中に入ると香水の香だけでした。 
失敗かと思い、念のため汚物入れを開けると、あ り ま し た 温もりの残るナプ。 
感激して広げると、信じられない位の量の生レバーがドッサリと乗っていました。 
その場で僕はまだ暖かい生レバーを全部口に入れてしまいました。 
こんなに大量のレバーを一度に口に入れた事はありません。 
彼女は会社から帰る途中ナプキンを取り替えられなかったので溜まっていた分が出たのか、 
半端な量ではありません。 
口が膨らんでしまう位の固まりです。 
僕はナプキンをポケットに入れ出ました。 
席に戻ると彼女はまだ居ました。 
僕の方を見ています。 
少し頬っぺたが膨らんでいましたが、 
まさか僕の口の中に自分の生理が入ってるなんて思うはずがありません! 
僕はゆっくりと彼女の顔を見ながらホカホカの生レバーを味わい食べました。 
ズルッと喉を通りました。
今日ひとりで、いつも行く喫茶店でコーヒーを飲んでいたら、 
一つ前の席にOL風の女性が座っていて、それが超美人! 
僕はボーと見惚れていると、彼女がハンドバックを持ったままトイレへ行きました。 
5分位して帰って来たので、もしやウンチでもしたのか? 今行けば彼女の 
便臭が嗅げるかもと思い、僕もトイレに入りました。 
ちなみにトイレは男女兼用です。 
中に入ると香水の香だけでした。 
失敗かと思い、念のため汚物入れを開けると、あ り ま し た 温もりの残るナプ。 
感激して広げると、信じられない位の量の生レバーがドッサリと乗っていました。 
その場で僕はまだ暖かい生レバーを全部口に入れてしまいました。 
こんなに大量のレバーを一度に口に入れた事はありません。 
彼女は会社から帰る途中ナプキンを取り替えられなかったので溜まっていた分が出たのか、 
半端な量ではありません。 
口が膨らんでしまう位の固まりです。 
僕はナプキンをポケットに入れ出ました。 
席に戻ると彼女はまだ居ました。 
僕の方を見ています。 
少し頬っぺたが膨らんでいましたが、 
まさか僕の口の中に自分の生理が入ってるなんて思うはずがありません! 
僕はゆっくりと彼女の顔を見ながらホカホカの生レバーを味わい食べました。 
ズルッと喉を通りました。
今日ひとりで、いつも行く喫茶店でコーヒーを飲んでいたら、 
一つ前の席にOL風の女性が座っていて、それが超美人! 
僕はボーと見惚れていると、彼女がハンドバックを持ったままトイレへ行きました。 
5分位して帰って来たので、もしやウンチでもしたのか? 今行けば彼女の 
便臭が嗅げるかもと思い、僕もトイレに入りました。 
ちなみにトイレは男女兼用です。 
中に入ると香水の香だけでした。 
失敗かと思い、念のため汚物入れを開けると、あ り ま し た 温もりの残るナプ。 
感激して広げると、信じられない位の量の生レバーがドッサリと乗っていました。 
その場で僕はまだ暖かい生レバーを全部口に入れてしまいました。 
こんなに大量のレバーを一度に口に入れた事はありません。 
彼女は会社から帰る途中ナプキンを取り替えられなかったので溜まっていた分が出たのか、 
半端な量ではありません。 
口が膨らんでしまう位の固まりです。 
僕はナプキンをポケットに入れ出ました。 
席に戻ると彼女はまだ居ました。 
僕の方を見ています。 
少し頬っぺたが膨らんでいましたが、 
まさか僕の口の中に自分の生理が入ってるなんて思うはずがありません! 
僕はゆっくりと彼女の顔を見ながらホカホカの生レバーを味わい食べました。 
ズルッと喉を通りました。
今日ひとりで、いつも行く喫茶店でコーヒーを飲んでいたら、 
一つ前の席にOL風の女性が座っていて、それが超美人! 
僕はボーと見惚れていると、彼女がハンドバックを持ったままトイレへ行きました。 
5分位して帰って来たので、もしやウンチでもしたのか? 今行けば彼女の 
便臭が嗅げるかもと思い、僕もトイレに入りました。 
ちなみにトイレは男女兼用です。 
中に入ると香水の香だけでした。 
失敗かと思い、念のため汚物入れを開けると、あ り ま し た 温もりの残るナプ。 
感激して広げると、信じられない位の量の生レバーがドッサリと乗っていました。 
その場で僕はまだ暖かい生レバーを全部口に入れてしまいました。 
こんなに大量のレバーを一度に口に入れた事はありません。 
彼女は会社から帰る途中ナプキンを取り替えられなかったので溜まっていた分が出たのか、 
半端な量ではありません。 
口が膨らんでしまう位の固まりです。 
僕はナプキンをポケットに入れ出ました。 
席に戻ると彼女はまだ居ました。 
僕の方を見ています。 
少し頬っぺたが膨らんでいましたが、 
まさか僕の口の中に自分の生理が入ってるなんて思うはずがありません! 
僕はゆっくりと彼女の顔を見ながらホカホカの生レバーを味わい食べました。 
ズルッと喉を通りました。
今日ひとりで、いつも行く喫茶店でコーヒーを飲んでいたら、 
一つ前の席にOL風の女性が座っていて、それが超美人! 
僕はボーと見惚れていると、彼女がハンドバックを持ったままトイレへ行きました。 
5分位して帰って来たので、もしやウンチでもしたのか? 今行けば彼女の 
便臭が嗅げるかもと思い、僕もトイレに入りました。 
ちなみにトイレは男女兼用です。 
中に入ると香水の香だけでした。 
失敗かと思い、念のため汚物入れを開けると、あ り ま し た 温もりの残るナプ。 
感激して広げると、信じられない位の量の生レバーがドッサリと乗っていました。 
その場で僕はまだ暖かい生レバーを全部口に入れてしまいました。 
こんなに大量のレバーを一度に口に入れた事はありません。 
彼女は会社から帰る途中ナプキンを取り替えられなかったので溜まっていた分が出たのか、 
半端な量ではありません。 
口が膨らんでしまう位の固まりです。 
僕はナプキンをポケットに入れ出ました。 
席に戻ると彼女はまだ居ました。 
僕の方を見ています。 
少し頬っぺたが膨らんでいましたが、 
まさか僕の口の中に自分の生理が入ってるなんて思うはずがありません! 
僕はゆっくりと彼女の顔を見ながらホカホカの生レバーを味わい食べました。 
ズルッと喉を通りました。
今日ひとりで、いつも行く喫茶店でコーヒーを飲んでいたら、 
一つ前の席にOL風の女性が座っていて、それが超美人! 
僕はボーと見惚れていると、彼女がハンドバックを持ったままトイレへ行きました。 
5分位して帰って来たので、もしやウンチでもしたのか? 今行けば彼女の 
便臭が嗅げるかもと思い、僕もトイレに入りました。 
ちなみにトイレは男女兼用です。 
中に入ると香水の香だけでした。 
失敗かと思い、念のため汚物入れを開けると、あ り ま し た 温もりの残るナプ。 
感激して広げると、信じられない位の量の生レバーがドッサリと乗っていました。 
その場で僕はまだ暖かい生レバーを全部口に入れてしまいました。 
こんなに大量のレバーを一度に口に入れた事はありません。 
彼女は会社から帰る途中ナプキンを取り替えられなかったので溜まっていた分が出たのか、 
半端な量ではありません。 
口が膨らんでしまう位の固まりです。 
僕はナプキンをポケットに入れ出ました。 
席に戻ると彼女はまだ居ました。 
僕の方を見ています。 
少し頬っぺたが膨らんでいましたが、 
まさか僕の口の中に自分の生理が入ってるなんて思うはずがありません! 
僕はゆっくりと彼女の顔を見ながらホカホカの生レバーを味わい食べました。 
ズルッと喉を通りました。
今日ひとりで、いつも行く喫茶店でコーヒーを飲んでいたら、 
一つ前の席にOL風の女性が座っていて、それが超美人! 
僕はボーと見惚れていると、彼女がハンドバックを持ったままトイレへ行きました。 
5分位して帰って来たので、もしやウンチでもしたのか? 今行けば彼女の 
便臭が嗅げるかもと思い、僕もトイレに入りました。 
ちなみにトイレは男女兼用です。 
中に入ると香水の香だけでした。 
失敗かと思い、念のため汚物入れを開けると、あ り ま し た 温もりの残るナプ。 
感激して広げると、信じられない位の量の生レバーがドッサリと乗っていました。 
その場で僕はまだ暖かい生レバーを全部口に入れてしまいました。 
こんなに大量のレバーを一度に口に入れた事はありません。 
彼女は会社から帰る途中ナプキンを取り替えられなかったので溜まっていた分が出たのか、 
半端な量ではありません。 
口が膨らんでしまう位の固まりです。 
僕はナプキンをポケットに入れ出ました。 
席に戻ると彼女はまだ居ました。 
僕の方を見ています。 
少し頬っぺたが膨らんでいましたが、 
まさか僕の口の中に自分の生理が入ってるなんて思うはずがありません! 
僕はゆっくりと彼女の顔を見ながらホカホカの生レバーを味わい食べました。 
ズルッと喉を通りました。
#norelated
// #char(狩人,around,right)
#ref(http://ninjinix.x0.com/img/skill05.jpg,around,right,nolink,狩人);

毎夜、あらかじめ指定した人物ひとりを人狼の襲撃から守ることができます。
// 指定した人物を襲撃から守ったときには翌日にその旨が表示され、自分の守った人物が人間だと知ることができます。
極力目立つ言動を避け、人狼の襲撃を受けないようにしながら能力者や人間確定の人物などのキーパーソンを守り続けるのが狩人の役目です。

なお狩人は自分自身を守ることはできません。また狩人が処刑された場合、その日に護衛する予定だった人物を人狼の襲撃から守ることもできません。護衛対象の指定は、2日目から可能です。1日目は護衛対象を選ぶボックスはありません。

-''A〜F国では''護衛を指定した人物が実際に人狼に襲撃され、それを阻止したときは、「〜を人狼の襲撃から守った」というメッセージがキャラウィンドウに表示され(スクリーンショットを参照)、護衛に成功したことが分かります。人狼が「襲撃なし」により[[意図的襲撃ミス]]を行った場合は、何も表示されません(処刑された人物を護衛対象にしており、人狼の襲撃対象も処刑された人物であった場合は、護衛成功のメッセージが出てしまうようです)。したがって、''護衛成功と意図的襲撃ミスとは、狩人本人には区別することができます''。護衛成功のメッセージは、同じ人物であっても、護衛に成功した回数分表示されます。

-''G国では''誰も食べられなかったときに、護衛成功なのか、人狼が「襲撃なし」により[[意図的襲撃ミス]]をしたのかは''分かりません''。ただ、意図的襲撃ミスはあまりないので、誰も食べれなかった場合、ほぼ護衛成功と見ていいでしょう。

なお、その日のログ冒頭部にある「○○は、××を守っている」というメッセージは、単にその日に護衛していた相手を表すものであって、''護衛成功を意味するものではありません''。

// #ref(http://ninjinix.x0.com/img/bodyguard.gif,noimg,スクリーンショット)
#ref(http://www.wolfg.x0.com/plugin_wolf/img/sample06.gif,noimg,スクリーンショット)

関連
[[初心者向けの狩人講座]]