*信用を得る
あらゆる能力者にとって、「村の」信用を得ることは有用です。(信用を得すぎて裏目に出ることがあるのは狂人ぐらいでしょう)


**ジャッジをする人間を見定める。
村人全ての信用を得ることができればよいのですが、そういう訳にもいかないでしょう。重要なのは、決定権を持つ人物の信頼を得ることです。

まとめ役の信頼を得ることができればかなり有利になります。ただ、たとえば、多数決を参考に決定を下すタイプのまとめ役のように、まとめ役だけの信頼を得ても意味が薄い場合もあります。逆に、独断タイプのまとめ役ならば、まとめ役の信頼を得ることに注力するのもよいでしょう。

重要なのは、明日のまとめ役が今日のまとめ役と同一人物であるとは限らないことです。「明日以降まとめ役になる可能性が高い人物」の信頼を得ることも重要です。


**喰われる

自分が村人側の人物であるのなら、喰われることはもっともシンプルな白証明となります。

特に、灰の村人や、CO後の霊能者などは、積極的に自分を喰うよう狼を誘うとよいです。


**有能な白を演じる
有能さをアピールすれば吊られにくくなります。しかし、占い対象に挙げられることはあるでしょう。有能さをアピールするだけでなく、有能な村人側の人物であることをアピールしなくてはなりません。
・積極的に狼を攻撃する。
・狼を真剣に探す(ふりをする)
・理由を言う
・意味のある発言をする

**共感を与える
***自分と同じ考えの人物は信用しやすい。

***「なるほど感」を与える。


**好感を与える
・都合のいい人物になる。
・人の話を聞く。

「好きになった人物は疑いづらい」
・やさしくする
・ルールを守り、マナーを守る。
・時間を守る
・自分の行動予定を言う。
・落ち着く。
・読みやすい文章を書く。
・発言数をコントロールする。
・仲裁をする。
・ミスをしない。セットミス
・プレッシャーを与えない



・ゆらぐ
・辛い選択肢を強要しない。
・他人に寛容に。楽しめるように持って行く。
・他者のRPに絡む


ナルホド感
オリジナリティ
公平感
うかつもの感