村人側

占い師

占い師

毎夜、あらかじめ指定した人物ひとりを占い、その人物の正体が人狼か人間かを翌日に知ることができます(既に死んでいる人物の正体は占えません)。村人側の切り札となる能力者ですが、それゆえに人狼側に襲撃されたり、騙られたりする可能性も高くなります。

なお占った人物がその夜に処刑・襲撃・突然死で死んでしまっても、占い結果は表示されます。また表示される占い結果は『人間』と『人狼』のどちらかなので、村人狂人の区別はつきません。

楽天家 ゲルトも初日の占い対象として選ぶことができます。また、一度占った相手であっても、生きている限りは何度でも占い対象として選ぶことができます。

関連
初心者向けの占い師・霊能者講座

霊能者

霊能者

毎晩の処刑と突然死で死んだ人物の正体が人狼であったか人間であったかを翌日に知ることができます。あらかじめ占い対象を決めておく占い師とは違い、完全に受け身の能力です。

なお、襲撃で死んだ人物の霊能結果は表示されません。人狼は人狼を襲撃できないので、襲撃死した人物は人間確定です。当然、人狼に襲撃されて死亡した楽天家 ゲルトの霊能結果は表示されません。

また表示される霊能結果は『人間』と『人狼』のどちらかなので、村人と狂人の区別はつきません。

関連
初心者向けの占い師・霊能者講座

狩人

狩人

毎夜、あらかじめ指定した人物ひとりを人狼の襲撃から守ることができます。
極力目立つ言動を避け、人狼の襲撃を受けないようにしながら能力者や人間確定の人物などのキーパーソンを守り続けるのが狩人の役目です。

なお狩人は自分自身を守ることはできません。また狩人が処刑された場合、その日に護衛する予定だった人物を人狼の襲撃から守ることもできません。護衛対象の指定は、2日目から可能です。1日目は護衛対象を選ぶボックスはありません。

  • A〜F国では護衛を指定した人物が実際に人狼に襲撃され、それを阻止したときは、「〜を人狼の襲撃から守った」というメッセージがキャラウィンドウに表示され(スクリーンショットを参照)、護衛に成功したことが分かります。人狼が「襲撃なし」により意図的襲撃ミスを行った場合は、何も表示されません(処刑された人物を護衛対象にしており、人狼の襲撃対象も処刑された人物であった場合は、護衛成功のメッセージが出てしまうようです)。したがって、護衛成功と意図的襲撃ミスとは、狩人本人には区別することができます。護衛成功のメッセージは、同じ人物であっても、護衛に成功した回数分表示されます。
  • G国では誰も食べられなかったときに、護衛成功なのか、人狼が「襲撃なし」により意図的襲撃ミスをしたのかは分かりません。ただ、意図的襲撃ミスはあまりないので、誰も食べれなかった場合、ほぼ護衛成功と見ていいでしょう。

なお、その日のログ冒頭部にある「○○は、××を守っている」というメッセージは、単にその日に護衛していた相手を表すものであって、護衛成功を意味するものではありません

関連
初心者向けの狩人講座

村人

村人

特に能力はありません。それゆえに、命を惜しまずに自由に発言や推理を行える存在でもあります。処刑や襲撃を恐れず積極的に発言しましょう。

村を救うのは、自称能力者たちの主張を整理・検討し、隠された真実を見抜き、信じた道に従って投票を行う村人たち自身なのです。

関連
初心者向けの村人講座

共有者

現在稼動中のG国には、共有者は存在しません。

共有者

共有者は2名1組の能力者で、もうひとりの共有者が誰かを把握しています。それ以外の能力はありませんが、「お互いが人間だと確実に知っている2人」として、ゲーム進行に大きな影響を与えます。人狼側が味方2人を表に出して共有者を騙るのは極めて危険なので、序盤で共有者COしたときには、他の村人は「2人は本物の人間だ」とほぼ確信できるからです。

共有者2人が序盤にCOすれば、人間確定の存在として議論の牽引役を担え、また人間非確定者を2人減らすことで無駄な占いを減らし、人狼を効率よく発見できますが、COしていない能力者の襲撃リスクも高まります。共有者の能力は「序盤には1人(あるいは両方)がCOせずに潜伏して偽占い師の黒判定を待ち、黒判定されたらCOして偽占い師の正体を暴く」「共有者1人が占い師を詐称し、偽占い師を誘い出す」といった攻めの戦術に応用されることもあります。

関連
初心者向けの共有者講座