Total: 19094 (Today: 3 / Yesterday:0)

G国戦略論 〜F国との違い〜

目次

概要

ここではF国との違いを軸としてG国14人編成における考え方を考察していきます。

なお、現状かなり過激な結論になっています。意見募集!

G国の最大村人数が16人になりましたが、今のところここは14人編成のみ対応。

そもそもF16人編成は村と狼は平等だったか?

霊能確定型

以下を仮定します。

  • 初日占霊共有FOで3-1
  • 3d明け(初回)の襲撃で真を抜ける(真占いを吊らなくて済む)
  • 3dで真狩人がCO(真狩人を真認定できる)
  • 3dから占いロラ(偽占いは最終的に残されない)
  • 初回占い先は村人で白確定or白認定される

すると、次のようになります。

2d:占占占霊共共白灰灰灰灰灰灰灰灰 ▼灰▲占
3d:占占霊共共白狩灰灰灰灰灰灰 ▼占▲狩
4d:占霊共共白灰灰灰灰灰灰 ▼占▲霊
5d:共共白灰灰灰灰灰灰 ▼灰▲共
6d:共白灰灰灰灰灰 ▼灰▲共
7d:白灰灰灰灰 ▼灰▲白
8d:灰灰灰

純粋な灰襲撃をする余裕がそもそも1しかない。
狼にとって自分を疑いにきている灰を襲撃で排除する余裕はほとんど無い。
真占い師視点からは素村への白判定3つを信用させれば勝利確定。
狼が3d襲撃で真占いを抜けずその白判定が信用されて残され、灰最白が素村(配役で6人いるうちのだれか一人でよい!)だと狼敗北確定。

類似状況参考 F2075村
(1GJ発生、偶数進行のため狂人占い師を狂人扱いして放置して最終日まで進行。純灰襲撃なしで最終日灰2。両灰とも白認定され狂人が狂視狙いの狼として吊られて狼勝利。)

狼が勝ちやすいケース

  • 初回の白確定者が狩人(=狩人COによっては灰が狭まらない)
  • 狩人が吊られる(同上)
  • 初回などに確定霊能者襲撃が通り、占い師ローラーで手数消費

霊能2CO型

  • 占:真狂,霊:真狼の場合、順調に斑判定が出続けるだけで吊り手7をPPよけのための1手残し+霊2斑4と割り振るだけで実は詰んでいる。(実際、狂人占い師が信用されていたにも関わらず詰んでしまったこともある。)よって狼が初回に占われたり、狼側から初回偽黒特攻するなど、ありとあらゆる意味で論外である。もちろん、純灰吊りへ霊偽黒判定をだす余裕などあるはずもない。
    • (反論)逆に言えば、初回で村人を吊れれば手数だけでは詰まない。もちろん変な判定や襲撃をすると詰むが。
  • 占:真狼,霊:真狂の場合、狼占い師は村全体からの信用を得なければいけないにもかかわらず、狂人霊能者には真認定されてはいけない(斑吊りで真が確定してしまうため)という根本的なジレンマを抱えることになる。また、ライン戦を行うならばそもそも狂人霊能者に斑吊りの霊判定を行わせないのが一番安全ではあるが霊能ロラを強要できるまで吊り占いを躱しつづけるかもしくは霊能を襲撃するしかないが、前者は手数上極めて困難であり、後者は吊り手数を増やしてしまうだけでなく占い内訳が透けやすいという問題を抱えている。
    • (反論)「狼占い師は村全体からの信用を得」たのであれば真占い師を襲撃できる可能性が高いのでは。また、パンダ判定を間違えずに出した狂人霊能者はいくらでもいる。
  • よって、やはり真占い師を抜けない状況(=真が信用されている)なら狼敗北は必至。
    2d:占占霊霊共共白灰灰灰灰灰灰灰灰
    3d:占占霊霊共共判灰灰灰灰灰灰
    4d:占占霊霊共判判灰灰灰灰
    5d:占占霊霊判判判灰灰
     ※「判」は占い師たちから何らかの判定を受けた者をさす。
     ※実際は、4日目辺りから霊ローラーに入ることが多いか。
  • 占い師候補を吊らねばならない状況は訪れようがないため、信用を得て護衛を受け続けるだけで事実上灰全員を占うことができる。すなわち真占い師がみとられている時点で狼はどうしようもない。
  • 占3霊2でも同様に信用されている占い師は事実上灰をすべて占うことが可能である。
    結論:占い真贋を決め打たなければならない場面が訪れているときにはラインの情報が完全に確定していて偽を真と見せかけるのは至難といわざるを得ない。
    • (反論)↑の図のシミュレートは疑問。2-2でパンダや霊能者を吊らずに●灰▼灰を3回も行う村は見たことが無いうえに、襲撃が白→共→共では狼に勝つ気が無いと言われても仕方が無い。
参考 F2122村
   狼側が占霊狩ライン戦を展開して勝利した超名勝負村。
   単にライン戦で勝利しただけだがそれだけで名勝負だと断言できるということでもある。

狼が勝ちやすいケース

  • 序盤に真占い師襲撃が通る

総括:F16編成の実態

共有者は存在そのものが強すぎた。
また、相当に強力な偽占い師を立てないと(真がどうしようもなく偽臭いなら別だが)狼に勝ち目すらない。
いうまでもなくただの必要条件にすぎないので最後まで灰で戦い、ほぼすべての村人を打倒する強力なLWもいないと勝てない。

F16編成は村有利すぎると考えるべきである。

統計的にも、F国の村側勝率は65〜70%ほどと言われている。

G14編成とF16編成はどこまで同じでどこから違うか。

それぞれ配役は、次のとおり。

F16:楽+村6占1霊1狩1狼3狂1共2
G14:楽+村6占1霊1狩1狼3狂1

配役そのもの自体はとてもよく似ている。
そのため占霊型そのものはF16とG14で極端な差は起こり得ない。
人数そのものが2人減ったため、進行がちょうど1日早いと考えると分かりやすい。

例:
G14初日FO占3霊1初日白確定:2d占占占霊白灰灰灰灰灰灰灰灰
F16初日FO占3霊1初日白確定、3d襲撃で白確定襲撃、3d占いも白確定、初回処刑は村人。
             :3d占占占霊白共共灰灰灰灰灰灰

ただし、F16村側有利の根拠である共有がいなくなったことにより
占い師がすべての灰を占うことが真贋決め打ち前に不可能になったこと。(参考:G025村 終盤まで残った占い師候補が判定でLW特定できず。)
白めの灰(考察強者である村側)を襲う余地ができたこと。(参考:G051村 最初から考察的中の灰を初回灰襲撃)
真占狂占2枚抜きして実質吊り手を増やしても狼は困らなくなったことなど、構成面で強烈なアドバンテージを狼側が得た。
また考察面でもF16-3dの時点で寡黙で戦力にならない、もしくはSG候補の村人が灰から排除されている可能性が極めて高い。
逆に言うならばG14-2dでは従来は白黒判断以前の寡黙吊りで消すことができていた人物がこの段階でも生存していることになる。

寡黙対策

1. 寡黙吊りはもちろん、寡黙占いも万歳
そもそも寡黙吊り*2で両方外したら狼勝利にリーチなので灰から除外するには必然これしかない。
従来通り、「寡黙=悪」という考え方からしたらこうなるだろう。

参考 F2199村
1d5CO+2GJというもはや村側が勝たねばならないレベルであるにも関わらず、突然死対策で一手消費、3斑2吊勝負で最後まで寡黙を残したため、まともな勝負にすらならず村が敗北した。
参考 G198村
15人村で寡黙が3人存在。村側が寡黙を占い・吊りで適切に処理できず、狼が完全勝利を納めている。

2. 寡黙を発言スタイルとして認める
こちらはかなり危険であることを承知の上で採るべきである。
というもの、喋らなければボロをだすことはあり得ないし、(=狼側最強の戦術になる)
そもそも特定の誰かを吊らないと勝てない村側の理に反する。

参考 G012村/G017村
寡黙狼は存在する。

G14編成における能力者真贋見極めの必要度

結論から言うならば、「どこまでも真ぽい偽や偽ぽい真はいる」「とりあえず護衛は確定霊鉄板で」などと言っている場合ではない。

1d占3霊2型

 F16の3d3-2と共有がいなくてその分灰が広いということを除けばなにも変わらない。それぞれの占い師から黒判定が出れば完全に同じになる。(F16のときはこれが強制になっていた)

参考 G035村
3斑発生するも、真が偽決め打たれて村敗北
参考 G036村
白判定しか出ず占霊全ロラ、最終日は白確、狩人CO、1白判定、完全灰が残り、LWを吊って村勝利。14人村初日3-2では今のところ唯一の村勝利
参考 G062村
最終日まで能力者を決め打てず村敗北。

3d占3霊2型、もしくは1d占3霊2型から灰の村人が欠ける場合(G13編成もしくは突然死発生)

 相当に危険度は高い。この状況になっている時点で初回は間違いなく吊りミスになっているので占か霊のどこかでライン情報が出る前の単体真決め打ちが必要になる。

3d占占占霊霊白灰灰灰灰灰
4d占占占霊白灰灰灰灰
5d占占占斑灰灰灰

 ここから占い師決め打ち戦。真が吊られれば狼勝利。真が信用を取って勝利してもさらにここから2手占うことはできない(真決め打ちで対抗吊りの時に突撃される)ので真決め打ちに成功してなお敗北することがありうる。
 G14編成で能力者潜伏策が採られない理由の1つに、この陣形が村にとって危険であることが挙げられる。

参考 G042村
2黒を受けた狼が霊COするも偽決め打たれた(従って実質的には3-1陣形とも言える)が村敗北。

 余談だが、F16編成で採られていた「占初日霊初回投票CO」の根拠としてF16-4d3-2がこれと同様の危機に陥るためである。(参考資料:apt400/シンプル1500な戦術論)

占2霊2型

 吊り手は6なので4COすべてをロラすると灰への吊り手の余裕はなく、現実的には「占い師は決め打つものである」という事実を全員が掌握していないといけない。
 よってギリギリまで真贋決め打ちを渋るのであれば「灰吊り*2→占決め打ち」、もしくは「灰吊り1→霊ロラ→占決め打ち」のいずれかを選択することとなる。また斑発生ならば霊とラインをつなぐのも決め打ち精度を上げるためには有用であることも留意しておこう。
 なお、占い師襲撃があって残りをローラーする場合、灰2狼に対して灰吊り手3手となる。

 統計によると、「占狼-霊狂」は狼が大きく勝ち越しているのに対し、「占狂-霊狼」では村がわずかだが勝っている。霊ローラーが行われやすいことが影響?

参考 G010村
灰吊り2先行。霊能判定黒確定が発生。パンダ吊って真占い確定するもすでに吊り手余裕がなかったため最後は霊決め打ち戦となった。

占3霊1型

 従来はこの形で村側が普通に勝利していたがそうはいかなくなった戦形。
 と、いうのも3d灰吊りミス+4d偽黒吊りで狂人襲撃がなければ吊り手余裕を使いきってしまうからである。つまり、確定霊能者の能力で偽占い師が破綻するのを待っていると先に村が敗北する可能性が高い。
 したがって、占い真贋の判断をしぶる余裕はない。

 

占2霊1型

 斑吊りの時に能力者を襲えないと占い師が確定するため、襲撃の通り方により勝敗が左右されやすい。しかしF編成と比べると吊り手数が少ないため、偽黒で村人を吊れているなら占い師が確定してもまだ狼側に望みがある。
 この陣形の狼側メリットとしては、ローラーで犠牲になる狼側が少ないことが挙げられる。
 実際の勝率は五分五分といったところ。

参考 G076村
初回確定霊襲撃で狼側勝利。

占2霊3型

 F編成では詰み目前の構成だが、G14人村では吊り手が全ロラ後、灰吊1なのでまだ負けない。もちろん、現状でも他の構成に比べたらだいぶ狼不利だが。

統計

G国14人村における占霊陣形と勝敗(G265まで・荒らしがいた村除く)

陣形村勝狼勝村勝率
占狼-霊23540%
占狂-霊33650%
占狼-霊狂191010%
占狂-霊狼971656%
占狼狂-霊13193241%
占狼狂-霊狼15617%
その他34743%
32508239%

総括:占霊と村の勝敗の関係の変化

落日の確定霊能者

G国の確定霊能者は極めて弱体化した。なぜならば灰吊りで白判定を2つ引いた時点で仕事終了だからである。(3つ目の灰白判定を引いたときに狂人が生きていればPP発動)かつてF国では確定霊能者が中心となって勝利した例はいくらでもあるが、それは共有者という名の白確定の数の力による部分のほうがより大きいとみるべきである。

恐らく確定霊能者の霊能力だけでは絶対に勝てない。今まで確定霊能者が勝利を導いたことはないし、もしそのような優秀な確定霊まとめが勝利を導いたとしてもそれはその人物がまとめ役だったからであって、霊能者だったからでは断じてないだろう。

もはや霊能者はただの白確定候補と考えるべきだろう。
…ということは霊能者は確定していない方が村有利なのではないだろうか?

復権と重責の占い師

占い師の信用勝ちと村側の勝利はその関係が完全に逆転した。
F国では占い師が信用を取って生き残って村を勝利に導くのは村側勝利のほんの一つの在り方にすぎなかった。しかもその形は食われるはずのない灰判断より明らかに精度が劣るため、「確かにあなたのことは信用している。でもやはり確定霊の方が大事だ」という扱いしかされなかった。
しかしG国では占い師が信用を取っても勝利への前提条件を整えることができるだけである。むしろそうなって初めて村側の勝利が見えてくるといえる。これは真占いを真だと決め打っても即全狼発見にならないからである。
そして何より占い師の判断を渋って灰判断に持ち込んでも、白めの灰が襲撃されるのでそれほど精度が上がらないという事実が存在するためである。

狼は狂人の意向を完全に無視して占霊両方に騙りを出すことができる(初日3-2陣形ですら狼が勝てる)ので、全く意味はない。

結論

かつて村側は能力者信用勝負をする必要もなく、ただ村人配役の中で最も白い一人がLWを打倒するだけで勝利することが可能だった。

しかしいまや、信用勝負を回避するだけの手数が存在せず、例え勝利しても狩人が抜かれる可能性が高まったためそれだけで勝ちきることができなくなった。そして以前LWを討つ役割を果たしていた村人は最終日になる前に灰襲撃に斃れるようになり、村側の主役は最白の村人ではなく最黒の村人に移動した。

参考 G055村
たった一人の斑の村人が黒と判断され、村敗北。

参考リンク

G国傾向調査:終了した村の戦型と勝敗をまとめています。村終了時にご協力お願いします。
G国10人村戦略論

ご意見募集!

  • 「もはや霊能者はただの白確定候補と考えるべきだろう。…ということは霊能者は確定していない方が村有利なのではないだろうか?」のつながりがよく分からないです。 -- 2010-06-23 (水) 02:11
  • G021村は初日4-1ですが人狼が勝ててますね。 -- 2010-07-09 (金) 17:14
  • 「村騙りについて」を見てふと思ったのですが、潜狂が増えてる気がするのも、G国編成に関係してるんでしょうか。ただの流行り? -- 2010-07-11 (日) 16:08
  • G国未経験ですが、占2霊1型のデメリットの逆手をとって、狂がCOする前に占い2COになっていれば狂潜伏という手段が発生とか?普通に占2霊2のが良い気もしますが。 -- 2010-10-13 (水) 17:26
  • G162で上記事態が発生していますね -- 2010-11-02 (火) 23:23
  • 2−1、3−1の霊確型は真占抜かれやすいのでむしろ霊能者の負担が増してますね。 -- 2010-11-02 (火) 23:28
  • 単純確率で言うと、占い2COの場合は占い師を決め打たない場合の村側勝率が50%を超える場合は占い師を決め打たない方が村有利です。逆に下回る場合は占い師を決め打って鉄板護衛するほうが村有利ということになります。同様に、3COの場合は33%がボーダーになります。 -- 2010-12-05 (日) 04:47
  • たしかに勝率は拮抗したかもしれませんが、ほぼ全ての村で初日FOがデフォというのは戦略の幅的にどうかな、とは思いますね。 -- 2010-12-30 (木) 19:47
    • それは、勝率を拮抗させたからというよりは、無記名投票になった影響が大きいですね。「投票CO禁止ならFO」という意見はF国でも非常に多かったと記憶していますし、本当の意味での潜伏策は元々ほとんどなかったかと。 -- 2011-01-24 (月) 01:37
  • 解析が統一占を前提にしているようですね。しかし、占師の決め打ちを前提にするのであれば、統一占いより自由占いの方が強力でしょう。 -- 2011-01-24 (月) 02:00
  • G16人村でも3-1陣形の場合、確霊を抜ければ占騙人狼が決め打ちされれば無条件で勝てる。よって確定霊能者も以前ほどではないが、決め打ちの重要性が高まってきた現在では別の重要な力を持っている。 -- 2012-12-28 (金) 12:33
  • 小88うおっぴ -- おkっjおおl? 2014-01-04 (土) 14:40