概要

人狼側の最もオーソドックスな戦術。大抵の村での基本的戦術になる
(村人による能力者騙りはここでは扱わない→村人騙りを参考にしてください)

解説

村の方針がよほど特殊なものでない限り、真占い師COし村民は占われていく。占い師は狩人に守られ、その狩人はの中に潜伏しているためどちらも襲いにくい。人狼はどんなにうまく隠れようがいずれ占われ、見つかれば処刑される。

そこで人狼側は占い師を騙り、その判定結果の辻褄を合わせるために霊能者も騙る必要が出てくる。(もちろん偽霊能者のCOは偽占い師が黒判定を出して吊られた人間に黒判定を出すためにする)

また、高度な作戦として、狩人騙り?共有者騙りもまれに実行される。

条件

  • 騙りに出せる程の人狼が残っている事
    (できれば、騙りを出してもある程度信用されることが望ましい)
  • 非能力者宣言をしてない事

特徴

ここが Good!

  • 真能力者の信憑性を落とせる
  • 真能力者への護衛を薄くすることができる。
  • 判定をズラすことで、確定白を増やしにくくできる
  • 真理値表のパターンを増やせる。
  • 確定させると吊れない存在である能力者を、ローラーに巻き込んで吊れる可能性がある。

ここが弱点

  • 真能力者を襲撃した場合、その後処刑される可能性が極めて高い
    • 襲撃された=人間であることから、残った方に偽疑惑が浮上するため。人狼疑惑のある者を残しておいてもそこから出る情報を信頼できない(ノイズになる)ため。
    • また、残った方を処刑することでローラーが完了するため。
  • ステルス人狼の数が少なくなってしまう
  • 騙る予定の人狼や狂人はCO前に能力者に不利な発言ができない。無難な発言に陥りがち。
    • 能力者としてあり得ない発言をしている人狼や狂人は、騙りに出ることができない。

注意事項

  • 共有者トラップには細心の注意を払いましょう。
  • 能力者騙りは信用が第一です。村の総意・方針に従ってCOして下さい。
  • 自分が真能力者のつもりで発言しましょう。
  • 占い判定も霊能判定も「人間」か「人狼」かがわかるだけです。結果を発表する際に「人間」判定を「村人」と発表したことで偽疑惑が浮上し、処刑されたケースが少なからずあります。
  • COは、なるべく真能力者より早いタイミングでする方が良いとされます(様子見していたため遅くなったと思われないように)。ただ、タイミングだけでは信用度はあまり変わらないと言う意見もあります。

占い師を騙る場合の注意

  • 2日目に人狼を見つけたと言ってCOしてもそれほど疑われないが、都合がいいと言えば都合がいい。かと言って後手に回るのもやや疑われがちなので難しい。
  • 占い師より信用を得る必要がある。言動には注意しよう。

霊能者を騙る場合の注意

  • 時々襲撃死した人を判定してしまう事があるので注意しましょう。
  • 突然死した参加者の判定もできます。COする際、言うのを忘れるとそれだけで吊られる危険があります。
  • 突然死した参加者の判定は処刑死した人の判定より上に出ます。ここを逆にしているだけで疑われたりするので注意しましょう。

狩人を騙る場合の注意

  • 村の信頼を得ているステルス狼がやる作戦です。狩人COは信頼されないことも多く、ステルスしていた方が無難なことも多々あるので、騙るか否かはよく考えましょう。
  • 意図的襲撃ミスと組み合わせることで信憑性が増す場合があります。
  • 吊られ際の狩人COはほとんど信頼されませんが、その日の吊りを回避できる少ない可能性に賭けることもできます。→狩人COも参考にしてください。

共有者を騙る場合の注意

共有者騙りを参照ください。

補足

システムでミスをすると興ざめなので以下を確認しておきましょう。

余裕があれば、更新時の処理能力者のスクリーンショットも見ておくとよいでしょう。

占い師

  • 占い先は、前日に処刑投票と一緒に指定します。
  • 占いによって、「人間」か「人狼」かが判明します。その人の能力までは分かりません。
    • よってその人間か狩人か狂人かは判りません。「村人」と判定しないようにしましょう。
    • 狂人は「人間」と判定されます。
    • E国では、「人狼」か「人狼でない」かが判明します。騙り判定を告げる場合の言い回しに注意してください
  • 占い先が襲撃・処刑された場合でも結果は表示されます。(前者については意味がありませんが…)

霊能者

  • 霊能判定は、日が変わったときに自動的に表示されます(占い師とは違い、前の日にやることはありません)
  • 霊能判定によって、突然死した人・処刑された人が「人間」か「人狼」かが判明します。その人の能力までは分かりません。
    • 狂人は「人間」と判定されます。
    • E国では、「人狼」か「人狼でない」かが判明します。騙り判定を告げる場合の言い回しに注意してください。
  • 襲撃された人の判定は表示されません(人間であることが明白なため)

いずれの場合も、自分が真能力者のつもりになることが大切です。

(例)

  • 自分真視点で判明している人狼を起点に残りの人狼を推理するフリをしましょう。
  • 偽っぽく見られるので対抗の真能力者を攻撃するのは控えた方が良いでしょう。
  • 占い先を合わせたことをアピールするために毎日必ず本決定確認発言をしましょう。また、潜伏中はいつでもCOできるように発言を残しておきましょう。
  • 判定に対する自然なリアクションを用意しておきましょう。(人狼発見で喜んだフリ、意外な判定で驚いたフリ、もはや吊りミスが許されない危機感等)
  • 占い師騙り時は、真占い師の襲撃を恐れる心理を演出するといいかもしれません。(人狼は自分が襲撃されないことを知っているので、うっかり次の日自分が生きていることを知っているかのような発言をしてしまうことがあります)
  • 霊能者騙り時は対抗が出ることを知っているかのような発言はご法度です。(霊能者は対抗が出ず確定することもしばしばあります)

ご意見募集!

コメントページを参照

  • 「人間」と「村人」を言い間違えたら村によってはそれだけで吊られかねませんよ。というわけで訂正 -- 2004-12-13 (月) 21:23
    • サンクスです。あやうく吊られかけました orz -- 2004-12-13 (月) 21:24
    • それだけが理由じゃないけど、「村人」を疑われて吊られました。orz -- 2004-12-17 (金) 16:43
    • 尋問出身って言うと助かるらしいです。 -- 2007-07-26 (木) 15:32
  • 「真能力者を襲撃した場合、その後処刑される可能性が極めて高い」のって何故でしょう -- 2005-02-09 (水) 16:43
    • COした能力者が二人いるとして、襲撃された=人間(≠真ではあるが真と考えられがち)となり、残った方に偽(強めの人狼)疑惑が行くため。人狼疑惑のあるもう片方を残しておいてもその情報を信頼できない。他には吊り一回でローラーが完了する。ということから残った方を吊るのが村側としてはかなり妥当な選択となる。当然ですがCOしたのが真狂であえて狂を襲撃して真を吊らせることもある。 -- 2005-02-16 (水) 11:31
  • 襲撃された後に遺言で白っていったら偽確定されたんですけど何がまずいのかわからなかったです -- 2013-07-28 (日) 00:56
  • 対抗が出てあっけなくやられました… -- 2014-01-19 (日) 18:38
  • 狂人に裏切られた(絶望) -- 2016-10-07 (金) 23:52