狩人

毎夜、あらかじめ指定した人物ひとりを人狼の襲撃から守ることができます。
極力目立つ言動を避け、人狼の襲撃を受けないようにしながら能力者や人間確定の人物などのキーパーソンを守り続けるのが狩人の役目です。

なお狩人は自分自身を守ることはできません。また狩人が処刑された場合、その日に護衛する予定だった人物を人狼の襲撃から守ることもできません。護衛対象の指定は、2日目から可能です。1日目は護衛対象を選ぶボックスはありません。

  • A〜F国では護衛を指定した人物が実際に人狼に襲撃され、それを阻止したときは、「〜を人狼の襲撃から守った」というメッセージがキャラウィンドウに表示され(スクリーンショットを参照)、護衛に成功したことが分かります。人狼が「襲撃なし」により意図的襲撃ミスを行った場合は、何も表示されません(処刑された人物を護衛対象にしており、人狼の襲撃対象も処刑された人物であった場合は、護衛成功のメッセージが出てしまうようです)。したがって、護衛成功と意図的襲撃ミスとは、狩人本人には区別することができます。護衛成功のメッセージは、同じ人物であっても、護衛に成功した回数分表示されます。
  • G国では誰も食べられなかったときに、護衛成功なのか、人狼が「襲撃なし」により意図的襲撃ミスをしたのかは分かりません。ただ、意図的襲撃ミスはあまりないので、誰も食べれなかった場合、ほぼ護衛成功と見ていいでしょう。

なお、その日のログ冒頭部にある「○○は、××を守っている」というメッセージは、単にその日に護衛していた相手を表すものであって、護衛成功を意味するものではありません

関連
初心者向けの狩人講座