寡黙吊りとは

「寡黙」とされる人物を吊る作戦。
中庸占い多弁占いとセットにして用いられるケースが多く見られます。

寡黙とは

次のような人物が「寡黙」とされます。

※ 上記の発言数はあくまで目安としてお考えください。村によって寡黙とみなされる発言数にも差があります。多弁ばかりの村では、10発言以上していても寡黙とみなされることも。逆に寡黙ばかりの村では、5発言でも「他の人よりはマシ!」と判断されることも。
※ 初日は戦術論メインになることが多いです。また、表作成は状況整理を目的とした村に貢献する行為でもあります。見極めに気を付けてください。
※ クローンではRPメインの村もたくさんあります。ここはガチ勝負の人狼BBSを基準とさせていただいています。

また、次のような人物は「寡黙」とは違うものの、場合により吊りの検討が必要です。

寡黙吊りの条件

特徴

寡黙吊りをする意味

ゲームとしての面白さ

「あなたは喋らない人と遊んでいて楽しいですか?」

「寡黙」という戦術への否定(寡黙は最大の黒要素)

寡黙は、ある意味、狼陣営にとって最強の戦術です(喋らなければボロをだすことはあり得ないため)。
その戦術を根付かせないためにも、寡黙吊りには意味があります。

終盤での戦力を考慮した、序盤・中盤の吊り先として

寡黙な人は、村の戦力になりません。それどころか、白黒判断することすらできません。
また、終盤に寡黙な人が残っていると処置に困ります。スケープゴートにされる危険性もあります。

潜伏能力者保護を兼ねた、序盤・中盤の吊り先として

序盤は情報量が少ないため、吊り先の判断に迷う場合が多くあります。
中途半端に怪しい人物やステルス臭のある人物を吊り希望にあげてしまうと、潜伏能力者(特に狩人)を炙り出してしまう可能性もあります。

寡黙吊り > 寡黙占い

寡黙な人が占われて黒判定を出されても、それが本当の黒なのか偽黒なのか、周囲の人は判断できません。また、黒を出した占い師も発言から黒要素を上げることができません。結局のところ、吊らざるを得なくなります。
さらに、白確した場合にまとめ役として期待できないことも、占いより吊りにむく理由の一つです。

寡黙な人≒突然死しやすい人

突然死によって、ゲームバランスが崩壊するケースは多々あります。その影響力は序盤よりも終盤において、非常に大きいものです。
病気や仕事などなんらかの事情でほとんどゲームに参加できなくなり、突然死はかろうじてさけつつも寡黙になってしまったような場合も吊りを検討する必要があります。

「みんな喋ろう」という空気作り

序盤から村の方針として「寡黙吊り」をアピールすることにより、参加者全員に「発言しないといけない」というプレッシャーを与えることができます。

寡黙吊りを行う際に留意すべき点

寡黙な人が複数名いた場合の対処

吊りだけで対処するのが難しく、占いにあてることを検討する必要があります。
その判断が遅れると、村にとって致命的になる可能性があります。

寡黙な人には初心者が多い

戦術として寡黙を選択する人より、初心者故に何を話せばよいかわからなくて寡黙になってしまう人のほうが圧倒的に多いのが現実です。
寡黙吊りを検討しつつ、発言促しも行い、それでも初回吊りまでに判断を下すことが必須です。

寡黙の判断基準

どの程度から「寡黙」に該当するかの基準が人によって異なります。また、寡黙に対する処置への考え方も異なるため、村全体のことを考えて寡黙吊りを推し進めたことを黒要素と捉えられる恐れがあります。

寡黙吊りで判断材料が減る?

寡黙な人が1人いて、その人に吊り希望が集中した場合、後になってから吊り希望によるライン情報を参考にすることができません。

寡黙な初心者さんのために経験者が出来ること

寡黙吊りから一歩進んで、寡黙な初心者さんを減らすにはどうすればいいか、ということを考えます。

※すでに語り尽くされた内容かもですが、思いつくままに書いてみました。

入村前

2011年1月時点の人狼たちはどこにいる?の「どうやって人狼BBSを知ったか?」を見ると、36%程度の人達が「友人のすすめ」ということで、事前に次のような点を話して置いてもらうことが有効かもしれません。

プロローグ

略称、用語の簡単なまとめや、まとめサイトへの誘導を貼ってみるといいかもしれません。

【まとめたもの】
●:占い第一希望 ○:占い第二希望 
▼:吊り第一希望 ▽:吊り第二希望 
★:質問 ☆:返信 
■:議題 □:サブ議題(ネタ議題)
【】:重要 []:ト書き。(RPで)キャラクター自身の行動をあらわす。食べ物とか出すときに使用 
FO:フルオープン(自称占い師・自称霊能者全員が、自分の能力を表で宣言すること。通常は、狩人は含まれません)
CO:カミングアウト(自称能力者(占い師・霊能者・狩人)が自分の能力を表で宣言すること)
GS:グレースケール(能力者以外の人を、黒くみえる順もしくは白く見える順に並べたもの)
SG:スケープゴート(狼疑惑を塗りつけられた村人)
PP:パワープレイ(人狼+狂人の人数が村の過半数を超えており、システム上はまだ敗北していないが村の敗北が確定した状態)
RPP:ランダムパワープレイ(村人と人狼+狂人の人数が同数で、互いに相手陣営を吊り合っても半分の確率で村が負けてしまう状態)
@:残り発言数(「@10」で「あと10回発言できます」という意味)

キャラクター略称
楽天家 ゲルト: 楽
村長 ヴァルター: 長 or 村(村娘と紛らわしいため非推奨)
老人 モーリッツ: 老 or 爺 or 翁
神父 ジムゾン: 神
木こり トーマス: 樵 or 木
旅人 ニコラス: 旅
ならず者 ディーター: 者
少年 ペーター: 年
少女 リーザ: 妙 or 女
行商人 アルビン: 商
羊飼い カタリナ: 羊
パン屋 オットー: 屋
青年 ヨアヒム: 青
村娘 パメラ: 娘
農夫 ヤコブ: 農
宿屋の女主人 レジーナ: 宿
シスター フリーデル: 尼 or 修
仕立て屋 エルナ: 仕 or 服
司書 クララ: 司 or 書
負傷兵 シモン: 兵 or 傷

村開始後

入村後に話す内容から初心者であることが感じ取れる場合があります。そのような場合には「相手のもつ知識量にあわせて、話すように心がけること」が大事です。
また、発言に余裕があるなら上記の用語も略さず話してあげるのも有効かもしれません。

墓下・エピローグ

わからなかったことがないか、聞いてみるのがよいかも。

参考Link

ご意見募集!